予備校で学ぶ医学部進学

医学部の学費は高い

医学部の学費は高い

医学部の学費は高い 医師になると1000万円以上の高収入が約束されていますが、医師になるために親はかなりの費用を負担することにますので、国立大学を除き、お金持ちしか入学できないと言われることも多いです。
私大医学部の6年間の平均授業料は約3300万円と国公立大の10倍の金額がかかってきます。
1年間の学費は500万円以上になりますが、民間企業に勤めるサラリーマンの平均給与額は415万円であり、それ以上の金額が必要になるのです。
私立大学の学費は学校によって異なっており、1番安い私立大学の医学部では2112万7800円、最も高い私立大学の医学部では4716万5千円かかります。
これ以外にも、寮費や諸経費、一人暮らしの学生には生活費などかかってくるので奨学金制度などを利用しないと難しいという家庭も多いです。
両親が医師など、経済的に余裕がある家庭の子供が私立大学の医学部には集まる傾向があります。
4年制以上に通う期間も長くなるので費用も高い傾向になります。

医学部の平均の学費

医学部の平均の学費 医学部は一般に学費が高いと言われています。
その理由としては6年制大学であり、6年間の学費を計算する必要があること、実習など使用される備品にも高価なものが多く、充実した医学教育環境を整備するためには大変なコストがかかってしまうことなどが挙げられます。
国公立の大学にせよ、私立の大学にせよ、少なからず国からの補助金を貰って運営していますが、にもかかわらず研究費や備品には依然不足している状況が続いており、お金がかかると言われても減額できない事情があるのです。
平均国公立では学費だけならば500万円ほど、私立ならば1000万円程度だと言われています。
しかし、私立ではこれ以外にも寄付金や再試験受験料などの副次的な集金があるため、事前に公示される額面以上の出費も考えなくてはならない場合もあります。
医学部に通っている間の生活費など、お金に関する心配は尽きません。
多くの学生は奨学金など、様々なバックアップをうまく利用することによってどの学生も日々頑張って勉強しています。